赤ら顔にお悩みの方へ。赤ら顔解消法や人気コスメを紹介!

赤ら顔に効く人気コスメ

  1. No.1ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク

    ULU(ウルウ) シェイクモイストミルクは赤ら顔のことを考えて作られたオールインワンです。化粧水から乳液、美容液まで、これ一本で行うことができます。ULU(ウルウ) は人気口コミも赤ら顔対策コスメで断トツの一位です!赤ら顔に悩むすべての人に使ってほしいですね。UL…

  2. No.2ビーグレンb-glenニキビ跡ケア

    赤ら顔にもさまざまなタイプがありますが、ニキビが原因で顔が赤みを帯びているタイプの赤ら顔があります。そのようなニキビ跡が原因の赤ら顔にお勧めはb-glenビーグレンニキビ跡ケアです。b-glenビーグレンシリーズはニキビケア商品では人気実力ともナンバーワンです。…

  3. No.3Laminazeラミナーゼ モイストミルク

    Laminazeラミナーゼ モイストミルクは敏感肌の方のために生まれたクレンジングです。赤ら顔の肌も刺激に弱く、クレンジング選びは慎重に行わなければいけません。メイクをしっかり落としたいけど、クレンジングで肌負けしてしまうという悩みを抱えた方も多いと思います。しか…


赤ら顔(酒さ)の基本知識

酒さとは正式名称を酒さ様皮膚炎(しゅさようひふえん)という皮膚疾患で、お酒を飲んで顔が赤くなってしまう症状に似ていることから酒さと命名されました。

通称「赤ら顔」といいこちらの呼び名のほうが一般的かもしれません。顔が赤くなるだけでなく、熱がこみあげてきてのぼせてしまうような不快感が伴うことがあります。

根本的な原因はよくわかっていませんが、大きく分けて外部からの刺激、ストレスなど精神的な原因、肌の皮膚の薄さや毛細血管の異常などの原因が考えられます。

赤ら顔(酒さ)の原因①皮膚が薄い

赤ら顔の原因の一つに皮膚の薄さがあります。肌は表皮の下に真皮があり、真皮には毛細血管が走っています。この肌が薄いと真皮層にある毛細血管が見えて皮膚が赤みがかって見えることがあるのです。

表皮の角質層にはセラミド、真皮にはコラーゲン、エラスチンという成分が肌に水分や油分を蓄えて肌を守っています。これらが不足することで肌が薄くなり、毛細血管が見えやすくなります。

赤ら顔が特に頬や鼻に現れやすいのは、もともとこの部分は皮膚が薄い部分なので肌のコンディションの影響を受けやすい部分だからです。

この皮膚の薄さは生まれつきによるものと加齢によるものがあります。

赤ら顔(酒さ)の原因②加齢

加齢とともに肌を支えるセラミド、コラーゲンやエラスチンが減少していくのが通常です。セラミドは表皮の角質層に存在する成分で肌の細胞と細胞の間を埋める役割があります。

コラーゲンは肌に水分と弾力を与える成分で、エラスチンはそのコラーゲンを網の目状につなぎ留めておく働きがあります。

これらが不足すると肌が外部からの刺戟に対して防御力が低下します。その結果、ちょっとしたことで炎症を起こすようになり、そのことが赤ら顔につながっているケースがあります。

またコラーゲンやエラスチンの下に毛細血管が走っていて、この層が薄くなると毛細血管が透けてみえてしまうことで肌に赤みがかかる場合もあります。

赤ら顔(酒さ)の原因③外的刺激

肌は外部と接しているため、常にさまざまな刺激にさらされている場所だといえます。その刺激に対して防御しきれないと肌が炎症を起こして肌に赤みが出ることがあります。

赤ら顔との関係でいえば、とくにスキンケアが与える影響は大きいといえるでしょう。洗顔でごしごし洗ったり、刺激のつよいクレンジングや化粧水などを使うと肌が負けて赤ら顔になるケースが多いのです。

赤ら顔(酒さ)の原因④ストレス

ストレスをうまくコントロールできないことで、自律神経のバランスが乱れ赤ら顔になってしまうケースもあります。

興奮状態を支配する交感神経は肌への血流量を調整する役割がありますが、この交感神経が過剰に優位にたつと肌への血流が過剰になり、赤く目立ってしまうことがあります。

ストレスを感じたとき体が交戦状態であると判断を下し、顔の毛細血管に大量に血液を送り込んで毛細血管を拡張してしまうために肌が赤く見えるようになります。

対人恐怖症の一種である赤面症も、ストレスによって交感神経が過剰に働く結果として生じます。自律神経をコントロールすることはなかなか難しいのですが、過剰なストレスが肌に与える影響は理解しておくべきです。

赤ら顔(酒さ)の原因⑤その他の皮膚疾患の合併

ニキビ

代表的な例としてニキビがあります。ニキビは皮脂が過剰分泌されることで、皮脂を栄養源にするアクネ菌なのど細菌が大量発生して炎症を起こす症状です。

通常、ニキビが治るとともに炎症も治るのですが、炎症がひどくなるとニキビ跡となって赤みが肌に残ってしまうケースもあります。跡になったニキビ跡は治すのが難しくニキビができた時点で跡に残さないような対策が必要です。

清潔にすることを心掛け、炎症を抑える薬を皮膚科で処方してもらいましょう。また出来てしまったニキビ跡は栄養と睡眠をしっかりとって肌の自家再生を促すことが必要です。またレーザー治療なども効果が高い方法の一つです。

脂漏性皮膚炎

また顔などの皮脂が多い部分に炎症ができる肌疾患である脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)があります。

脂漏性皮膚炎は皮脂に常在するマラセチアなどの酵母が皮脂を餌に異常発生してしまうために炎症が起こってしまうと考えられています。

脂漏性皮膚炎の治療法として重度のものならステロイド含有軟膏、軽度のものなら抗菌剤のケトコナゾール(ニゾラール)クリームやローション、ミコナゾールシャンプーなどを用いることがあります。

アトピー性皮膚炎

また脂漏性皮膚炎と似たような症状がでるアトピー性皮膚炎があります。アトピー性皮膚炎は敏感肌とアレルギー体質によって引き起こされます。

敏感肌ではセラミドなどの肌に水分や油分を保持するための成分があまり作られず、外部からの刺激を肌に通してしまいます。それに相まって体が抗体を作りだし、それが過剰反応を起こすことでアトピー性皮膚炎を引き起こします。

治療として抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬、ステロイド含有軟膏を使います。

上記、いずれも皮膚科で治療を行うことが求められます。赤ら顔は他の皮膚疾患との関連がある場合がありますので一度受診してみることをお勧めします。

赤ら顔(酒さ)の原因⑥病気

肝臓の糖尿病や病気などを抱えている時赤ら顔になるケースがあります。肝臓が悪くなってきて代謝機能が衰えてくると、顔が赤みを帯びてくる場合があります。

また糖尿病の初期症状として潮紅が見られるケースがあります。糖尿病は血液中の糖が急激に増えることで毛細血管が破れ出血してしまうケースがあります。その時に赤くなってしまうのです。

それまで赤ら顔でなかったのにも関わらず急に赤ら顔になるケースは注意が必要です。

赤ら顔(酒さ)の対策総論

赤ら顔の方は基本的に敏感肌です。肌のバリア機能が通常より低下しているため、刺激に敏感になります。

そのため、なるべく肌に刺激を与えることは避けなければいけません。また肌機能を取り戻すために栄養や睡眠、スキンケアを考えることも重要です。

スキンケアについて


赤ら顔(酒さ)のスキンケアについて解説します。赤ら顔で特に重要になってくるのはなるべく刺激を与えず、しっかり保湿です。

洗顔

赤ら顔で一番気をつけなければいけないことは洗顔です。洗顔は肌の汚れを取るために毎日かかせませんが、反面、肌を傷つけてしまう行為でもあります。

また洗顔をしすぎることで肌に必要な油分までも取ってしまうことがあります。油分は肌を守る役割もありますので、洗顔のしすぎには注意してください。

洗顔方法ですが、洗顔で顔を強くこすることは厳禁です。洗顔剤をよく泡立てて、その泡で優しく洗うようにしましょう。手と顔が直接触れないように泡で洗います。

また洗顔剤は合成界面活性剤・防腐剤・アルコール・合成樹脂・石油由来の成分など刺激の強いものは避けたほうが賢明です。「敏感肌でも使える」「赤ちゃんでも使える」などと書かれた刺激の少ない洗顔剤を選びましょう。

セラミドやビタミンC誘導体を使った化粧品

セラミドは表皮の角質層に存在する脂質です。肌細胞と肌細胞の間にあって接着剤の役割を果たしています。またそれだけでなく外部からの刺戟をシャットアウトして肌を守る作用があります。

だから化粧品などでセラミドを肌から補給してあげましょう。

同じく肌を守る作用のあるコラーゲンやエラスチンは真皮層という肌の奥にあるため肌に塗っても届くことはありませんが、セラミドは肌の表面の表皮層にあるため化粧品が届きやすいのです。

またビタミンC誘導体を使った化粧品を使うこともおすすめです。

ビタミンCは肌の抗酸化作用や美白効果で有名ですが、非常に壊れやすいため肌に塗っても効果を発揮することは難しいという特徴があります。

そこで登場したのがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体はビタミンCそのものではなく体内で酵素反応を起こしてビタミンCになる物質です。

体内でビタミンCになるため、安定して体内にビタミンCを取り込めるのがメリットです。また浸透力が高いため肌の奥まで届けることができます。

赤ら顔では肌が炎症を起こしているケースが多いですので、ビタミンC誘導体を塗ることで炎症を抑えることが期待できます。

生活習慣改善


赤ら顔の症状を緩和するには肌の健康を取り戻すのが第一です。肌の健康は私たちの生活習慣に大きく影響を受けます。とくに肌に影響を与える生活習慣をピックアップしてみました。

便秘

便秘になると腸で有毒物質が生成され、それが血液にのって全身にめぐってしまいます。そのため便秘になると肌の免疫機能が落ちるといわれています。

肌の免疫機能が落ちると外部からの刺戟に弱くなり炎症を起こしやすくなり赤ら顔を悪化させてしまいます。

便秘を改善するには、食物繊維をたっぷりとることが重要です。野菜や海草、果物などをしっかりとりましょう。また腸内細菌を活性化させるために乳酸菌食品やオリゴ糖食品をとるとさらにいい効果が期待できます。

参考:http://www.nyusankin.asia/

たばこやアルコール

たばこやアルコールは肌の毛細血管にダメージを与えてしまうため、なるべく控えるようにしましょう。

アルコールはさらに肝臓にダメージを与えるためよくありません。肝臓は解毒作用をつかさどるため、肝臓が弱ると解毒作用がうまく働かなくなり、肌の調子に直結します。

睡眠

肌の再生に睡眠はとても重要です。寝ている間に成長ホルモンが分泌され肌のオーバーターンが活発に行われます。

睡眠不足になると肌の調子が悪くなることはみなさんも実感されていることと思います。

しっかり睡眠をとることで肌の調子をあげることができます。とくに夜の10時から2時までの4時間は肌のゴールデンタイムと呼ばれる重要な時間です。

その時間には就寝していることが理想ですが、無理な場合でも夜更かしはせず、なるべく早めの就寝を心掛けてください。

運動

運動は血液の流れを活発にして、老廃物を洗い流してくれると同時に細胞に酸素と栄養を届けてくれることを助けてくれます。

肌の健康を維持するためにも運動は欠かせません。

激しい運動は必要ないので、かるくウォーキングやランニングをする、空き時間に足ふみ体操をする、寝る前に少々ストレッチやヨガをするなど自分のできる範囲で行うだけで十分効果がでます。

栄養

肌を作る材料になるのがたんぱく質です。ダイエットのために肉を敬遠する方もいるのですが、それでは体を作る材料が足りなくなり肌にハリが無くなってしまいます。

健康な肌を保つためにも肉や魚、卵などの良質なたんぱく質をたっぷりとるようにしましょう。

また肌の健康を維持するうえで欠かせないビタミンとしてビタミンCがあります。ビタミンCはコラーゲン生成に密接に関与しています。

肌に水分と油分を保持して弾力を与え、肌の防御機能を高めるためにコラーゲンは必須です。そのコラーゲンを作るのにビタミンCは欠かせない栄養素なのです。

漢方


赤ら顔改善に漢方が有効なケースがあります。たとえば加味逍遥散、天王補心丹は肌の血行を改善し、知柏地黄丸は肌のほてりを抑えるのに有効です。

赤ら顔に効果的な漢方はこちらのページでまとめてありますので参考にしてください。

クリニック


ひどい赤ら顔を治したい場合は専門医に見てもらうことが一番近道です。ここでは赤ら顔治療の方法の一例を紹介します。

レーザー治療

肌の上から毛細血管が見えて赤ら顔になっているケースに適応できます。レーザーは見えている血管をレーザーで焼き切ってしまうため効果が高い方法です。保険適用もできるので比較的安価で治療を行うことができます。

アルドステロン拮抗薬

赤ら顔の原因の一つに皮脂に細菌が繁殖して炎症を起こす脂漏性皮膚炎があります。アルドステロン拮抗薬は男性ホルモンの作用を抑えて肌の皮脂が生成されることを抑えて、肌の炎症を抑えることができます。

最近の投稿