アトピーによる赤ら顔の特徴と原因・対策

アトピーなどアレルギー反応によって肌が赤くなってしまうケースがあります。

そこでここではアトピーによる赤ら顔の対策を紹介します。

アトピーとは何か?

womenandcatアトピーとはアトピー性皮膚炎のことです。刺激物によってお肌がかゆみや乾燥を引き起こすのです。

赤ん坊の頃に発症することが多く、ある程度年齢が進めば自然に治るといわれています。

アトピーのための特別な検査というのはありません。

皮膚が乾燥していたりかゆみを感じていたり、赤ら顔になっていたり、そうしたお肌の見た目から診断されるのです。

そのため病院によっては単に皮膚炎であると処方されたりもします。

食物やダニや花粉などある決まったものに対して肌が過剰反応してしまうアレルギーもアトピーの中の一つといえます。

ただアトピーの場合には普通の人にとってはなんでもないような刺激に敏感になっており、化繊の下着がダメな人・タバコの煙や冷たい空気を感じただけで喘息反応が起きるような人というのもいます。

赤ら顔の特徴

アトピーの特徴として赤ら顔になる場合があります。原因としては皮膚が慢性的に炎症を起こすことで跡が赤く残ってしまうことが考えられます。

その他にもステロイド剤による副作用が原因の場合もあります。ステロイド剤によって毛細血管が拡張してしまっていることから赤ら顔になっているのです。赤ら顔になる以外にも、パンパンにむくんでしまったりという場合もあります。

アトピーの原因と対策

child1赤ちゃんが発症した場合に親としては心配でしょうが決して悪い病気ではありません。これは、健康な肌と体を作るために起こっていることなのです。

お腹の中とは違う環境に放り出され、すぐに適応できる子供がほとんどでしょうが、一部の赤ちゃんはお肌に周囲の環境が大きく影響されてしまいます。それを何とか対策しようと皮膚が頑張っている証拠なのです。

そのため、乾燥や炎症を起こして赤ら顔になっているからといって薬で抑えすぎはお肌を弱くしてしまうのであまりおすすめできません。

ステロイド剤の影響で逆に赤ら顔になってしまう可能性もあるのです。アトピーの反応は身体の中のいらないものを外に排出している証拠なのです。

ある程度年齢が上がり、皮膚が強くなっていけば自然に治るので過剰な対策はやめておきましょう。

ただ赤ん坊は体内において母親の影響を大きく受けます。お腹の中にいるときは特に食べ物や生活に気を配り、生まれてからもきれいな部屋や規則正しい食生活を心がけるなど、最低限の対策というのは必要です。

大人のアトピー

woman426607自然に治っていくとされる病気なのですが、最近では思春期に入っても大人になっても治らない人や、成人になって再発するという人も増えています。大人の場合にはその原因は環境や食べ物が大きく関係します。

不規則な生活や油モノの多い外食続きの食生活・仕事や人間関係のストレスなどによって起こるのです。

母親の作ったバランスの良い食事やきれいに掃除された部屋で規則正しく生活していた人が一人暮らしを始めることで再発する場合もあります。ストレス社会と言われる中で大人の発症率も高くなっており現代病の一種となっているのです。

まずは生活の見直しをすることが一番の対策法です。大人になって発症した場合、お肌の乾燥や赤ら顔になると化粧したりも困難ですし、かゆみが激しいと仕事に支障をきたしてしまいます。

かゆみは外用薬で

赤ら顔にならないためにはかゆみを感じてもできるだけかきむしらないようにしましょう。かゆいときにもステロイド剤は適度に使用するようにし、もしもまだ症状が軽いのであればプロトピックなど代わりの外用剤を利用してみてもよいでしょう。

ただ薬である以上、どれもある程度は副作用は持っていると言われています。メリットデメリットを知った上で適量を使うことが大切です。

ステロイド剤の副作用は恐いですが、それを勝手に断ち切ると今度は脱ステによるリバウンドが襲ってきます。逆に炎症が悪化して更に強いランクのものを使用しなければならなくなったら困ります。赤ら顔が治らないという場合には医師に相談の上、少しずつ減らしていくようにしましょう。

食生活と生活習慣を見直そう

薬以上に食生活や生活習慣の見直しの方が大切です。

食生活では着色料や保存料が大量に入った食材をとるとアレルギーになるケースがあります。出来合いのものを買うよりも食材から調理することが大事です。特に子どもの食事には注意を払ってあげてください。

また生活リズムが崩れるとホルモンのバランスが悪くなります。そうすると肌のターンオーバーがうまくいかなくなり、肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。当然赤ら顔も悪化してしまうでしょう。

クリニックを利用する

最近では赤ら顔になった場合の治療方法として、一部の医療機関でフラッシュ光線を使用した12PLフラッシュレーザー光線治療法というのも行なわれています。色素沈着や赤ら顔を治すためのもので、美容クリニックの一部でも行なっています。

ただ、美容外科の分野に含まれるため保険は効かず治療費は高額です。施術してくれる医療機関の数がまだまだ少ないのもデメリットです。

また、根治療法というわけではないのでアトピー体質が完全に治るというわけではありませんし、痒みが出なくなるわけでもありません。

あくまで見た目の対処療法であり、根本的に治すにはやはり生活自体を見直してこつこつと治すしかないのです。

ストレスなしで暮らすのは不可能に近いでしょうが、少しでも症状改善するためにも意識して生活するようにしましょう。

 長年赤ら顔に悩んできた私も改善!実感の化粧水ULU


赤ら顔に効く人気コスメ