症状に合わせて使う!赤ら顔改善に効果的な化粧品の選び方

赤ら顔の原因・症状をしっかり知ることで、その改善に役立てましょう。

ここでは赤ら顔の原因や症状を概括した後で、赤ら顔改善のために注意したいこと、また効果的な化粧品の選び方を解説します。

赤ら顔はなぜ起こる?

ID-100174489人の体の表面を覆う皮膚には大切な役割があります。体内の水分が外部に漏れ出したり、水分が蒸発することを防ぐ役割と、外部からの刺激や異物などが体内に侵入することから守る役割です。

皮膚は一番外側に表皮、その下に真皮、そしてさらにその下に皮下組織があるという構造になっており、真皮には無数の毛細血管があり、その中でも顔の頬の部分に毛細血管が最も多く存在します。

そしてこの毛細血管の中を流れる血液の色が表皮を通して表面から透けて見えるのが赤みの正体です。

表皮はおよそ0.2ミリメートル程度の本当に薄い皮膚の層で、敏感肌の人や元々この表皮が薄く、角質層が弱いために乾燥肌になりがちだという人は赤ら顔になりやすいというものです。

体内に栄養や酸素を体の隅々にまで送り込み老廃物を排除して免疫細胞を送るのが血液の役割です。そして毛細血管はそれ自体が拡張したり収縮することによって体温を調整する役割も担っています。

リンゴのようでかわいらしい、健康的な感じがすると、ほっぺの赤い赤ら顔の人を形容することがありますが、赤ら顔に悩んでいる人にとってはとても深刻です。

原因によって出方が異なる赤ら顔の症状

137 Полина肌が敏感で様々なトラブルに対してすぐに反応することに悩みを抱える人は少なくありません。そんな敏感肌の人は角質層を丈夫に形成することが出来ず、トラブルがすぐに肌に出てしまう傾向にあります。

普通の人はなんでもないようなちょっとした刺激にも肌が反応して赤くなったり、極度の乾燥を起こす人も多いのが特徴です。

敏感肌の人の場合は温度や環境などの変化によって真皮が影響を受けやすく、皮膚の炎症に対しても免疫反応を起こしやすい状況になります。

そしてそうした状況に対して皮膚の毛細血管が拡張しやすい状態が慢性化し、赤ら顔になってしまいます。同じ敏感肌の人でもアトピー性皮膚炎にかかっている人はさらにその傾向は顕著にあらわれるのが特徴です。

また、皮脂が過剰に生成されて、皮脂による刺激やニキビなどで炎症反応を起こすことでも肌が赤くなります。このタイプは皮脂の分泌の少ない部分は赤くならないため皮脂腺の少ない目の周りなどは赤くならず、目の周囲を取り囲むように肌が赤みを帯びる症状になるのが特徴です。

食事の内容と赤ら顔の関係

ID-100304640赤ら顔になるのは皮膚が敏感になっていたり薬による影響だったり、化粧品が合わなかったり、肌をこするなどといった外的な刺激が加わったりすることが原因だと思われがちですが、実は赤ら顔の原因のひとつに食事が関係しているとも言われています。

たとえばお酒を飲んだ時に肌が真っ赤になる人がいたり、辛いものを食べた時に体から汗が噴出して顔も赤くなったりすることは多くの人が経験があることでしょう。

赤ら顔になるのは肌が敏感なことや外的な刺激による原因などが主なもので、食事を改善することで赤ら顔を根本的に治す事は難しいとしても、激辛料理を食べたりお酒を飲んだりすることを控えることも、赤ら顔が慢性化することを予防するにはある程度効果があると言えます。

赤ら顔になりやすい人が注意したいこと

皮膚はごく薄いものなので、肌が敏感になって赤ら顔になってしまう人は特に洗顔などの刺激を与えすぎないように注意することが大切です。

最近では皮膚の汚れを取り除くためにドラッグストアなどでもピーリング剤が市販されていますが、肌が敏感な人にとって大切なのはきちんと保湿することであって、間違っても皮膚表面を物理的に擦り取るようなケアをする事はすべきではありません。

洗顔の際にも刺激の少ない良質の洗顔料をしっかりとあわ立てて、たっぷりの泡を使って皮膚の表面を転がすようにして刺激を与えないようにして汚れを優しく取り除くようにします。

乱暴なやり方で日常的な洗顔をしてしまうと、皮膚が薄くて敏感な人はたちまちトラブル症状に見舞われてしまうので普段から十分に注意する必要があります。

赤ら顔解消のための化粧品の選び方

肌が赤みを持っているときの化粧品の選び方としては、肌が赤みを帯びて熱を持っているような症状であれば皮膚の炎症を抑える効果のある化粧品を使うことが有効で、抗酸化作用のあるビタミンCを肌に浸透させやすい状態で加工されているものなどが向いています。

また、赤ら顔の対策としてよく使用されるのがビタミンKです。皮膚の下の毛細血管の血流が悪化している状態を改善する働きが期待されます。

ビタミンKの配合された化粧品を使用することで毛細血管の血栓を解消し赤ら顔を起こりにくくするというものです。

また可能な限り界面活性剤や合成着色料、防腐剤フリーのものを選ぶべきです。とくに肌に刺激が強いものを選ぶと肌が反応してしまって、赤ら顔がひどくなる可能性があります。

敏感肌用に開発された化粧品を選ぶことをお勧めします。敏感肌用に開発されたものは肌に刺激が強いものを極力排除しているので赤ら顔の方に相性がいいのです。

けれども化粧品の選び方で何よりも大切なのが、その化粧品にたとえ「赤ら顔によい成分」と記載されていたとしても、その言葉を丸まる信用しないことです。

赤ら顔の原因によって必要な成分や効果的な成分は異なるためです。そのため自分の肌の赤みの原因を正確に知り、自分の肌に合ったものを選ぶことが必要です。

 長年赤ら顔に悩んできた私も改善!実感の化粧水ULU


赤ら顔に効く人気コスメ