キーワードは「素早い保湿」!赤ら顔さんのための正しい保湿方法

外部刺激にも敏感な反応を示す赤ら顔対策には保湿はとても大切な要素です。

特に洗顔後や入浴後のお肌は乾燥し、敏感な赤ら顔には素早い保湿が必要となります。

ではキーワードである素早い保湿方法をみています。

敏感なお肌の赤ら顔には入浴後すぐの保湿が鍵

9a2a3f25f2a826e2b2b4718827a10bce_s入浴後や洗顔後のスキンケアは3分以内に行うことが大切です。

タオルで水分をふき取ったあとのお肌はそのまま放置しておくと乾燥が進んでしまいます。

ですから入浴後お肌がまだ水分を含んでいる間にスキンケアで保湿を行うことで乾燥を防ぐことができます。

長時間の入浴には美容オイルが役立つ

6839b75aaa8c0d018ede1ba88ba4f2f0_s長時間の入浴を楽しみたい方にとって厄介なのが入浴中のお肌の乾燥です。

熱いお湯と蒸気でお肌は乾燥し赤ら顔には負担となる可能性も無視できません。

そんなときに役立つのが美容オイルの存在です。洗顔後、美容オイルを数滴手のひらにとり、優しくお顔に塗布してみましょう。

こうすることで入浴中の乾燥を防ぐことができるうえに、温まったお肌に美容オイルが十分に浸透してくれしっかりと保湿してくれます。

素早い保湿は入浴後にお風呂の中または脱衣所で行うのもアリ

赤ら顔に十分な保湿は有効ですが、忙しくスキンケアの時間が取れないという子育て中の方にも嬉しいのが、お風呂の中または入浴後の脱衣所ですぐにスキンケアを行うという早業です。

必要なスキンケア用品をあらかじめお風呂の中や脱衣所に用意しておき、お風呂の中や入浴後すぐに保湿することで赤ら顔に有効な対処ができます。その効果を最大限に引き出してくれるのがお風呂場の蒸気です。

蒸気の中で潤いを与えることでスチーム効果がうまれ浸透力アップにつながってくれます。忙しいからといってスキンケアを省くのはNG行為です。

赤ら顔の状態はお肌が薄く、バリア機能の力が弱いのが特徴です。

ですから保湿を十分に行うことでバリア機能を高めることができ、お肌のコンディションをアップさせ外部からの刺激にも抵抗できる健康的なお肌へと導くポイントとなります。

最近ではオールインワン商品もあり、1つでさまざまな役割を果たすスキンケア商品も出ています。忙しい方にはぴったりです。

赤ら顔の方には素早い保湿と丁寧なスキンケアが大切

f07e3e926b150c0f7646297984b3315a_s素早い保湿で水分がお肌から逃げていかないように保護するのは重要なことですが、誤解してはいけないのスキンケアを雑に急いでしてしまうということです。

素早くうるおいを与えながらも、スキンケアは丁寧にお肌をいたわるようにやさしくなじませることを心がけます。刺激を与える行為は赤ら顔にはご法度です。

洗顔やクレンジングはお肌をこすらないように優しく行い、決してゴシゴシと擦らないように気を付けます。泡の弾力をうまく使い小鳥をなでるような力加減でお肌に触れていくのをイメージすると良いです。

化粧水はなじませる時もパチパチと手のひらで叩きながら浸透させるような行為は避けます。赤ら顔だけでなくシミを招く原因にもなります。

化粧水は手のひらに適量をとり、体温で温めたら優しくお肌を押さえるようにハンドプレスの要領で馴染ませていきます。コットでつける場合も優しくコットンを滑らしていきます。

このなじませ方は美容液は乳液、美容クリームにも応用できます。敏感なお肌を労わるように丁寧な動きで潤いを与えるのがポイントです。

シートマスクで効率よく潤いを与える

シートマスクの商品は数多く販売されておりスペシャルケアアイテムとして又は毎日使用することができるタイプまでさまざまあります。

毎日使用できるシートマスクは速攻で潤いを簡単に与えることができ素早い潤い対策に有効です。家事をしながらでもお肌に乗せておくだけで潤いを与えることができる気軽さも魅力です。

ドライヤーなどで髪を乾かすときにドライヤーの風がお肌に当たることも赤ら顔にいは負担となり敏感に反応してしまう可能性もあります。

そんなときもシートマスクが大活躍してくれます。髪を乾かす間にお顔にシートマスクを使用することで、気になるドライヤーの風からもお肌を守ってくれます。

またシートマスクに成分に注目し、自身の肌状態に合わせたものを選んであげるのも良いことです。

赤ら顔に有効なビタミンC配合のシートマスクや潤い力の高い成分配合のコラーゲンやヒアルロン酸などが最適です。

またセラミド成分が配合されているもの、低下したバリア機能をアップさせるのに素晴らしい働きをしてくれます。

化粧水タイプや美容液タイプのシートマスクを自身の肌調子に合わせ使い分けましょう。

これらの対処方法を参考にスキンケアを再度見直し、工夫することで赤ら顔を改善することができます。

外かのケアと同時に食生活の改善や軽い運動などでストレスを発散することも同時にするとより効果的です。お肌の生まれ変わりとともに潤いに満ちたお肌はバリア機能が正常に働き、敏感肌からも抜け出すことが期待できます。

 長年赤ら顔に悩んできた私も改善!実感の化粧水ULU


赤ら顔に効く人気コスメ