赤ら顔改善にプラセンタが効果的な理由

赤ら顔に効く栄養素としてプラセンタがあります。ここではプラセンタと赤ら顔の関係について解説します。

温度の違いによって起こる血管拡張への作用

a0960_005355日本には美しい四季があって、その季節ごとに気温にも差があります。それはシーズンに限らずに、朝夕でも温度差はありますし、気温が高い日もあれば低い日もあります。

そんな気温の温度差によって、人間の皮膚の毛細血管にも影響はあります。温度の変化があるほどに、血管は伸縮したり拡張をしたり頻繁になります。そうなれば各巻における就職の力は、どんどんなくなっていきます。

現代の世の中にあっては、外の温度と室内の温度は差が激しいです。

だから体はできるだけ皮膚の温度を急激には下げないようにしようと反応をします。毛細血管は広がっていたまま、身体の反応によって拡張を下状態になります。

こうした状態が、気温の変化によって起こる赤ら顔の状態です。特に冬には赤ら顔がひどくなるのは、こうした温度差による影響が大きいです。

毛細血管を作る効果を持っているのが、プラセンタの成分です。毛細血管が気温の変動に追いつけなくなった状態であったとしても、新しい血管を誕生させることになります。

新しい血管誕生のために、血液の流れは順調になりますので、結果的に赤ら顔を解消していく方向に向かいます。

薄くて白い皮膚をパワーアップ

181b58c0f98a246bc89040782c2d612a_s日本人の皮膚の緻密さと美しさは、海外の人からも絶賛されるほどのものです。

しかし日本人の肌には個人差があり、お肌の皮膚最上部の表皮の部分が特に薄いと、薄いがために毛細血管は、赤く透けやすくなります。

顔の中にあっても、ほほや鼻のパーツの皮膚は薄いですので、赤みを見せやすくなります。お肌のケアは大事ですが、洗顔でのゴシゴシ洗いを頻繁にしたり、ピーリング剤をよく使うなどしていると、皮膚は薄くなっていきます。

薄くなってしまった皮膚に対して、プラセンタの栄養成分によって、皮膚の再生を促すことになります。

含まれている成分に、繊維芽細胞成長因子と表皮細胞成長因子とが含有されているのが理由です。ダブルの成長因子の旗先は素晴らしく、健やかな新しい細胞を作り出します。

さらには、元々の存在をしている細胞までも元気に活性化させるといった嬉しい作用をもたらします。弱くなった皮膚のバリア機能を向上させますし、皮膚の生まれ変わりのサイクルを正常化する効果も持っています。

毛穴からの皮脂分泌による炎症にも効果を発揮

skin2皮脂における分泌異常による炎症にも、力を発揮することになります。脂漏性皮膚炎と言うのは、皮膚科に行くとそう言われる症状かがわかります。

脂漏性皮膚炎というものは、過剰な皮脂の分泌が起こって、マラセチア菌という皮膚の常在るが繁殖するのが理由です。

皮膚の常在菌は悪い菌ではなく、抗原物質やウイルスが、体内に侵入しないようにするために存在をしています。汗腺よりの皮脂腺と汗との油分を分解して、バリヤ機能を備える大切な役割をします。

通常ならバランスのとれた常在菌の状態であるのが、バランスを崩れさせてしまい、真菌のマラセチア菌が繁殖していくのは、過剰な毛穴からの皮脂分泌が理由です。

湿気と皮脂を好むのが、ラセチア菌の特徴です。マラセチア菌にも種類があって、皮膚の毛穴へ侵入してすぐに、異物と判断されて、免疫反応で炎症を起こすこともあります。

そんな炎症をプラセンタは鎮める作用があります。また同時に抗アレルギー作用もあります。

細胞増殖因子によって皮膚の新しい細胞をつくりだしますし、はじめから存在をする細胞も活性化することになります。炎症した部分を鎮めてくれますし、肌トラブル部分を順調に改善させることになります。

赤みのあるニキビの炎症に対しても作用

31694b7c9d0cb9e8706ee5bb50096433_sニキビにもタイプがありますが、赤いニキビには炎症があり、それがいくつもできると、炎症を起こしているところの血管は、次第に拡張をしていき、ニキビができている周りは赤みを増します。

そのニキビが収まらないうちに、新しいニキビが出てきてしまい、そのまま皮膚の炎症がエンドレスに続くことで、赤ら顔になります。

皮膚の炎症が静まらない赤ら顔の状態が継続されると、皮脂組織や真皮はうっ血をします。そのうちにお肌全体が、赤くなってしまいます。

やがてニキビ自体は落ち着いたとしても、そのまま皮膚には赤みが残りますので、赤ら顔となってしまいます。

抗炎症作用のあるプラセンタには、ほかにも皮膚サイクルを活性化する力もあります。色素沈着をした皮膚状態であっても、ターンオーバーが促進されるために、皮膚の生まれ変わりが活発になります。

皮膚の生まれ変わりサイクルは、ホルモンバランスからの影響も大きいです。

それは睡眠時の成長ホルモン分泌も関わっていて、成長ホルモン分泌が順調であれば、皮膚サイクルは順調になります。そして、肌のトラブルも治まることになります。

ホルモン調節作用を、プラセンタは持っています。肌のターンオーバーを、穏やかに助ける作用もあります。

お酒や刺激物の過剰摂取にもアタック

P7193341香辛料などの刺激物や、アルコールなどを摂取すると、血管は拡張しますので、顔が赤くなり、赤ら顔のようになります。

刺激物やお酒などのアルコール類は、肝臓によって分解されます。ですがたくさん摂取をしすぎると、肝臓の分解はそれに追いつかなくなります。体内に分解出来ない分が残ると、拡張したままの血管のうっ血が続きますので、顔は赤ら顔になります。

肝細胞増殖因子をプラセンタは含みますので、成分により肝機能を強化してくれますし、活性化にもなります。肝臓の解毒作用も活発になって、血行が促進されますので、うっ血は改善されます

赤ら顔改善には、プラセンタサプリメントなどを、上手に利用をするといいです。

サプリメントは医薬品ではなりませんので、飲んだらするに即効性が出るものではありません。ですがサプリメントは健康食品として、時間をかけて赤ら顔にも良い変化をもたらす期待が持てます。

 長年赤ら顔に悩んできた私も改善!実感の化粧水ULU


赤ら顔に効く人気コスメ