赤ら顔改善に効果のあるサプリメントとは?

赤ら顔に効くサプリメントはどういったものがあるのでしょうか?

まず赤ら顔の原因から概括し、赤ら顔に効く成分、サプリメントを考えていきたいと思います。

赤ら顔の原因とは

zyoi1赤ら顔は毛細血管拡張症とも呼ばれ、顔の広範囲や、頬や鼻などの特に目立つような場所が赤くなった状態です。

赤ら顔になってしまう原因には、主に次のようなものがあります。

皮膚の薄さ、気温による毛細血管の拡張、吹き出物による炎症、脂漏性皮膚炎、そしてアルコールやスパイスなどの刺激物の過剰摂取、等です。

赤ら顔を治すためには、自分の肌の赤みの原因がこのうちのどれに当たるのかを知ることが大切です。この他にも、加齢や生まれつきのものである可能性もあります。

皮膚を薄くしてしまう原因

赤ら顔の最も多い原因として上記したような皮膚の薄さがあるのですが、赤みが気になるほど肌が薄くなってしまっている人の場合は自分で肌を削ってしまっていることが考えられます。

日常的なケアで洗顔やピーリングをしている人も多いかと思いますが、人によっては強すぎる洗顔せっけんやピーリング剤を使用していることもあり、そうした効果を受けて肌が薄くなってしまうことがあるのです。

特に鼻や頬などの出っ張っている部分は刺激を受けやすいので、優しく洗っている場合でも強すぎる刺激を与えてしまい、摩擦などによって皮膚を削ってしまいやすい場所です。

肌が薄くなってしまうと免疫が落ちてしまい、ニキビなどの炎症を起こしやすくなってしまいます。毛細血管が透けることに加え、炎症も起こって、赤ら顔を作ってしまうのです。

皮膚の薄さの改善方法

炎症を鎮めることも大事ですが、この場合には根本的な解決方法として皮膚が薄い状態を改善することが最も重要です。薄くなった皮膚を元の健康な状態に戻すには、角質層を育てなければなりません。

角質層が健康な厚さを保っていることで、肌の正常なバリア機能が回復し、炎症が起こらなくなり、赤みも引いていきます。

また、寒暖の差も赤ら顔の原因のひとつですが、その点も皮膚が正常な厚みを取り戻すことで、温度に対して毛細血管が過剰な反応をしなくなることで改善していきます。健康な角質層を育てていくということが、赤ら顔を治すうえでは最も効果的なことです。

角質層を育て、赤ら顔を治すには?

角質層を育てるために意識しなければならないこととしては、以下のような点があります。

  • 刺激の少ない化粧品やせっけんを使うこと
  • 炎症や赤みがひどい場合にはメイクを控えめにし、刺激を与えやすいオイルクレンジングを控えること
  • 洗顔する際に強い力や刺激を加えないようにやさしく洗うことを心掛ける
  • 暑さ寒さ対策として洋服などで調整を行う
  • 日焼け止めを塗り紫外線を防ぐ
  • ビタミンCやL-システインなどのサプリメントを摂取する

こうした心がけは日常的にこまめに、そして忘れずに継続することで効果が現れます。特にサプリメントは短期間で効果が現れるものではないので、根気よく自分にあった量を飲み続けることが大事です。

そして、その他としても毎日の食事内容を脂質控えめでビタミン豊富なものにし、睡眠時間をたっぷりと取ってよく眠ることも健康な肌を育てていくうえで必要なことですので、赤ら顔に悩んでいる方はこれをきっかけに食生活や生活習慣を見直してみましょう。

赤ら顔に効果のあるサプリメント

赤ら顔を体の内側からケアする方法として、サプリメントを使うことが重要ですが、具体的にはどのようなサプリメントが効果的でしょうか。

まず、血管を保護してくれる働きのあるビタミンCは重要です。ビタミンCは、一般的な成人で1日に約100mg程度を摂取することが推奨されていますが、治療目的などではもう少し多く摂取しても大丈夫です。

ビタミンCは過剰に摂取しても数時間後には尿と一緒に体外に排出されてしまうので、一度に多く採りすぎてもあまり意味がありません。

体にきちんと吸収されるよう、1日数回にわけて少量ずつを摂取したり、タイムリリースと呼ばれるような特殊な錠剤を利用して一度に体内に溶け出さないようにするのが良いでしょう。

サプリメント以外にも、ビタミンCはみかんなどのフルーツに多く含まれていますから、日常的な食事やおやつにビタミンCを含む果物を取り入れていくのも良い方法です。

ほかにも、L-システインやプラセンタなどが赤ら顔の治療に効果的だと言われています。

美白サプリとしても有名なL-システインはビタミンCと一緒に摂取することでメラニン色素の生成を抑えてくれますので、紫外線を受けてしまった時などに積極的に摂取したいサプリメントです。

L-システインはどのようなタイプの赤ら顔にも比較的よく効果を発揮してくれますので、肌の赤みが特に気になっている時期にはお守り代わりに飲んでみても良いかもしれません。

更年期障害などの治療にも使用される、女性のための美容成分ともいえるプラセンタには血流を良くし、自律神経を整えてくれる働きが期待されます。

赤ら顔の原因が血流の乱れや過緊張などから来ている場合には有効なサプリメントと言えるでしょう。

また便秘気味の方は乳酸菌も効果的です。腸内環境が悪いとそれが肌の調子に直接影響するのは有名です。腸内の悪玉菌が作り出す有毒ガスが肌に悪影響を与えるという説や、免疫機能をつかさどる腸の機能低下によって肌アレルギーなど肌トラブルが引き起こしやすくなるといった説があります。

そこで腸をきれいにするために乳酸菌サプリをとって腸内の善玉菌を増やすことが赤ら顔にとっても重要なのです。

 長年赤ら顔に悩んできた私も改善!実感の化粧水ULU


赤ら顔に効く人気コスメ