赤ら顔・敏感肌・頬の赤み改善に効果がある足ツボ

赤ら顔とは、毛細血管拡張症とも呼ばれ、頬や鼻、顔全体に赤みを帯びる症状のことを言います。

これは、様々な要因が原因となり、それに伴って改善方法が異なりますが、赤ら顔や敏感肌の方に効果がある足ツボという方法もありますので、赤ら顔で悩んでいる方は試してみましょう。

肝臓の機能が低下して起こる赤ら顔を改善する足ツボ

pl-2013132dd2425

アルコールなどの摂取により、肝機能が低下し、調整できなくなったことにより赤ら顔があります。その場合は、肝機能を向上させることで改善できますので、肝臓に効くツボが効果的です。

足の親指と人差し指の間の付け根を押します。ここは、「行間」のツボと呼ばれ、熱をコントロールして赤ら顔を抑えてくれます。

左右どちらかの行間を押したときに痛みを感じる人もいると思います。

ツボを押すコツとしては、親指と人差し指でツボをつまむようにし、3分から5分程度押します。1日に朝晩の2回すると効果が高まります。

ニキビにより赤ら顔を改善する足ツボ

pl-201313272425赤ら顔の原因の一つに、ニキビによる赤みがあります。ニキビ周辺に赤みを帯び、繰り返すことによって色素沈着してしまうこともあります。ニキビを改善するスキンケアはもちろんですが、ニキビに効果のある足ツボもありますので、試してみましょう。

ニキビの原因にもあります胃腸の働きがツボには関係してくるのですが、胃腸の働きを良くしてくれるツボは、土踏まずにあります。

土踏まずは、胃や膵臓、十二指腸に繋がっていると考えてください。ここを5秒程度押してください。そしてゆっくりと5秒かけて離します。お風呂上りなどにリラックスした状態で押してあげると効果があります。

ホルモンバランスの乱れにより赤ら顔に効く足ツボ

7a9d62cebbb8165899a5fa04c4b7841c_s女性は年を重ねるごとに更年期に近づいていきます。更年期障害には、ほてりという赤ら顔があります。

これは、血の流れが悪くなることにより、顔がほてってしまいます。これを改善するためには、ホルモンバランスを整えることが大切です。このホルモンバランスを整える効果がある足ツボとして「三陰交」があります。

別名「女性のツボ」と呼ばれるぐらい、女性にとって大切なツボです。このツボは、くるぶしの一番上の部分に手の小指を当て、指4本分上にあります。すねの骨部分の少し内側にあり、押してみて痛気持ちいいと感じるところが三陰交です。この三陰交は、生理痛や女性特有の病に効果があると言われています。

脂漏性皮膚炎により赤ら顔に効果がある足ツボ

foot5赤ら顔の原因として脂漏性皮膚炎があります。この脂漏性皮膚炎というのは、皮脂腺が多く皮脂の分泌が多い頭皮や顔に起こりやすい症状です。

脂漏性皮膚炎の原因として、マラセチアという真菌(カビ)によるものがあります。これは、皮脂が大好物で増殖をすることにより、肌に炎症を起こしてしまいます。マラセチア真菌はホルモンバランスの乱れやストレス、ビタミンBの不足などが原因で起こると言われています。

ホルモンバランスを整えて、ストレスをためないことが改善に繋がりますが、その手助けとして足ツボも試してみましょう。ホルモンの分泌に効果があると言われている副腎のツボがあります。

副腎とは、ホルモン分泌に重要な役割を担っている内臓です。副腎の働きは、皮膚の炎症を抑えたり、花粉症や関節炎、気管支炎などの炎症を抑えます。またストレスに対しても緩和することができる副腎皮質ホルモンが分泌されます。

副腎のツボは、足の裏にあります。足の指を曲げた時にしわがよる部分を「湧泉(ゆうせん)」のツボと言います。この部分を押したときに痛みを感じる場合は、副腎の働きが悪いということになりますので、改善しましょう。湧泉のツボは自律神経の乱れに対しても有効で、定期的に押すことで様々な改善を促すことができます。

血行を良くするツボの押し方

赤ら顔や敏感肌の改善をする為には、血流の流れをよくすることも大切です。顔が赤いから血流が良いと勘違いしている方も多くいますが、実際は血流の流れが悪いことが原因で起こっています。血流を良くすることで、赤ら顔を改善することもできます。

血行を良くすることがまず大切になってきますので、ツボを刺激するために適切なツボの押し方が必要になります。

血行をよくするためには、少し強めに押すことが大切です。もちろん強すぎては逆効果になりますが、ほどよく刺激を感じるぐらいがお勧めです。そして、ゆっくりと押します。基本的には、5秒かけて押し、5秒かけて離すのが良いとされています。

そして、ツボを押す回数ですが、たくさん押せばよいわけではありません。押しても1日に10回程度にしましょう。血行を良くしたい場合は、呼吸に合わせて押すことも良いとされています。息を吐くときにツボを押し、息を吸いながら指を離すと良いでしょう。

押すタイミングとしては、体がリラックスした状態の時がお勧めです。お風呂上りだとより効果が期待できます。また、ツボを刺激しない方が良いタイミングもあります。食後や飲酒後、発熱などの体調が悪い時は避けましょう。

 長年赤ら顔に悩んできた私も改善!実感の化粧水ULU


赤ら顔に効く人気コスメ